ジンバル雲台モニター報告   text=横浜のOB

ジンバル雲台、早速使ってみました。

ライカ APO-TELEVID 77
ライカの形状による上下方向の制約については、以下のようにエツミのクイックシューと自作のヒップサポートで問題なく使えております。

上部から見たところ 接続部分のアップ
このような形ですので上下方向のチルト操作も極端に上空を飛んでいる鳥を狙わない限り問題はありませんでした。

久しぶりに撮れたカワセミ君です
操作性が良いので調子に乗って、
とびモノに挑戦しましたが、
こんな結果でした。
まだまだ修行が足りないようで・・

以上のように、LEICA ApoTelevid77に関する形状の問題については、対応できました。



コーワ TSN-884 PROMINAR
ターボさんのレポートを見て、TSN-884を買ってしまいました。(^^ゞ 確かに素晴らしいですね。
私は、ピント合わせノブが上部にある方が使いやすいので、下のように鏡筒回転ねじを緩めて90度回してノブが上に来るようにして使っております。こうするとヒップサポートが使えなくなるので、手製の暫定版ヒップサポートを作って間に合わせました。

上部から見たところ 接続部分のアップ
DIGISCO.COM製ヒップサポートはこの形状では使えなかったので、とりあえず急造の自作ヒップサポートで凌ぎました。

20m程離れた枝に止まったモズ姫も
楽にフレーミング、合焦できました
16時16分に撮影。大変暗かったですが、
迅速にフレーミング、合焦出来ました。

以上のように、KOWA TSN-884とのマッチングは極めて良いと思います。